動画配信サービス

ライブ配信サービスの用語集

ライブ配信サービスについての用語集です。
サービスページ、FAQとあわせてご覧下さい。

ライブ配信

インターネットを通じてPCや携帯端末などに対して1対多で生配信を行うことです。
通常は数秒の遅延が発生致します。近年ではユーザーのインターネット環境が整い、USTREAMの台頭なども寄与してさかんに行われるようになりました。
配信には専用のストリーミングサーバーとたくさんの同時アクセスに対して配信ができる回線帯域を確保することが必要となります。

オンデマンド配信

インターネットを通じてPCや携帯端末などに対して動画配信を行うことです。
配信側で事前に動画コンテンツを準備します。
ユーザーは見たい時にコンテンツにアクセスをすることが可能です。
配信方法はストリーミング形式、プログレッシブダウンロード形式、ダウンロード形式があります。

CDN(Contests Delivery Network)

動画コンテンツを配信する際に、最適化された配信網のことです。
配信サーバーを複数に分散させることにより大量のコンテンツアクセスに対応のできるネットワークです。

USTREAM

2007年3月にアメリカで誕生したライブ動画共有サービスです。
アカウントを取得するだけで誰でもライブ配信を行う事が出来ます。
Twitterとの連携やチャット機能によりインタラクティブなライブ配信を行う事が出来ます。 。

WindowsMedia

米Microsoft社のWindowsMediaPlayerを利用して動画を視聴する形式です。
直接、PCにインストールされたWindowsMediaPlayerで再生することや、WEBページにエンベット(埋め込み)で再生をすることも可能です。

FlashMedia形式

米Adobe社のFlash Playerを利用して動画を視聴する形式です。
サーバーはFlashMediaServerやWowzaMediaServerなどを使用します。
h.264に対応しているため画質が良く、遅延も2秒程度です。

バッファリング(buffering)

スムーズに動画配信を行うために一定量のデータを一度蓄えてから再生を開始することです。
ユーザー側の回線速度が遅い場合や、動画データの遅延などによる動画の途切れなどを防ぐために行います。

  • 電話番号:03-5246-6640 受付時間:10:00~18:00
  • お問い合わせ